2019年度版

 

高年齢者の雇用状況集計結果

「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」(以下、「高年齢者等雇用安定法」といいます)では、65歳までの安定した雇用を確保するため、企業に「定年制の廃止」、「定年の引上げ」又は「継続雇用制度の導入」のいずれかの措置(高年齢者雇用確保措置)を講じるよう義務付け、毎年6月1日現在の高年齢者の雇用状況の報告を求めています。

この報告に基づく集計結果が「高年齢者の雇用状況集計結果」です。

 

 

目次

平成30年高年齢者の雇用状況集計結果

平成29年高年齢者の雇用状況集計結果