2019年度版

 

最低賃金法

目次

第1節 目的等

 

第1款 目的(第1条)

 

第2款 沿革

 

第3款 定義(第2条)

 

 

第2節 総則的・基本的な規制内容

 

第1款 最低賃金額(時間額)(第3条)

 

第2款 最低賃金の効力(第4条等)

 

〔1〕最低賃金の効力 = 基本的効果(第4条第1項)

 

〔2〕罰則の適用(第40条)

 

〔3〕規範的効力(強行的・直律的効力。第4条第2項)

 

〔4〕除外賃金(第4条第3項)

 

〔5〕複数の最低賃金が競合する場合(第6条)

 

〔6〕周知義務(第8条)

 

第3款 最低賃金の減額の特例(第7条)

 

第4款 派遣中の労働者の最低賃金(第13条、第18条)

 

 

第3節 最低賃金の決定方式 = 地域別最低賃金・特定最低賃金

 

第1款 概要

 

第2款 地域別最低賃金

 

〔Ⅰ〕発生

 

〔1〕地域別最低賃金の原則(第9条)

 

〔2〕地域別最低賃金の決定(第10条)

 

〔Ⅱ〕変更、消滅(改正、廃止。第12条、第14条)

 

第3款 特定最低賃金

 

〔Ⅰ〕発生

 

一 意義(第15条)

 

二 地域別最低賃金との関係(第16条)

 

〔Ⅱ〕変更、消滅(改正、廃止。第15条、第17条)

 

第4款 最低賃金審査会(第20条~第26条)

 

 

第4節 効力と履行確保

 

〔1〕効力の概要

 

〔2〕罰則の適用(第39条~第42条)